妊娠中の方が安心して使うことができる低刺激な化粧水をご紹介しています。ただ単に肌に優しいというだけでなく、肌荒れを素早くケアできたり、肌荒れを起こしにくい肌へ導いてくれる成分が配合されているものを厳選しました。妊娠してから化粧水が肌に合わなくなったという方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

妊娠中の方が安心して使える低刺激な化粧水の選び方

妊娠中の方が選ぶべき化粧水の特徴は?
皮膚科医によって安全性が確認されているもの
妊娠中の方はホルモンバランスの乱れによって肌が荒れやすいので、肌に刺激を与えないように皮膚科医によって安全性が確認されているものを選ぶことをおすすめします。皮膚科医が開発していたり、モニターテストに立ち会っているものを選びましょう。
肌の炎症を抑えてくれるもの
妊娠中は肌荒れを起こしやすいです。ということは肌が炎症を起こしているということになるので、炎症を抑える成分でしっかりとケアしてあげる必要があります。ですから、必ず抗炎症成分が配合されているかをチェックしましょう。
肌のバリア機能を高めてくれるもの
妊娠中は肌のバリア機能が低下しやすい呼気でもあります。肌のバリア機能が低下すると、様々な肌トラブルを引き起こしてしまうので、肌のバリア機能を高めるセラミドなどの成分が配合されているものをおすすめします。

妊娠中におすすめの化粧水ランキング

アヤナス
モニターテストに皮膚科医が立ち会って安全性を確認しているので、肌が荒れやすい妊娠中の方でも安心して使うことができます。また、肌の炎症を抑えてくれる抗炎症成分「コウキエキス」を配合しているので、肌荒れを起こしても素早くケアすることができます。肌のバリア機能を高めてくれる「ヒト型ナノセラミド」を配合しているので、肌荒れを起こしにくくなります。
皮膚科医:◎ 抗炎症成分:◎ バリア機能アップ:◎
オージュンヌ
皮膚科医と共同開発した敏感肌向けの化粧水です。肌にとても優しいので、妊娠中の方にもおすすめできます。抗菌・保護作用のある「白金ナノコロイド」を配合しているので、炎症を起こしにくい肌へ導くことができます。また、アロエエキスやシソエキスなど植物由来の保湿成分をたっぷりと配合しているので、保湿ケアもバッチリです。
皮膚科医:◎ 抗炎症成分:◎ バリア機能アップ:○
ヒフミド
肌のバリア機能を高める「ヒト型セラミド」を高濃度で配合した化粧水です。しかも、セラミド1・セラミド2・セラミド3の3つのヒト型セラミドを配合しているので、より強力にバリア機能を高めることができます。皮膚科医が関わっているわけではありませんが、製薬会社が製造しているので、安全性はクリアできています。
皮膚科医:○ 抗炎症成分:○ バリア機能アップ:◎
アスタリフト
ヒト型ナノセラミドを配合することによって、肌のバリア機能を高めることができます。さらに、リコピンや3種のコラーゲンそしてアスタキサンチンなど保湿成分が豊富に配合されているところが魅力です。また、フジフイルム独自のナノ化技術によって、浸透力を高めているところも見逃せません。
皮膚科医:△ 抗炎症成分:○ バリア機能アップ:◎
オラクル
60種類以上の植物エキスを配合した100%植物由来の化粧水です。肌に刺激を与える成分が一切配合されていないので、肌に負担をかける心配はありません。しかも、使用している植物は自社農園でオーガニック栽培によって育てられたものなので、原料の安全性にも優れています。
皮膚科医:△ 抗炎症成分:○ バリア機能アップ:○

妊娠中の方に最もおすすめしたい化粧水はこちら

妊娠中に最も安心して使える化粧水は「アヤナス」です!
皮膚科医立ち会いによるモニターテストを実施
⇒ 敏感肌など肌の弱い方を中心としたモニターテストに皮膚科医が立ち会い、安全性をしっかりと確認しているので、肌が荒れやすい妊娠中の方でも安心して使うことができます。
抗炎症成分で炎症を素早くケア
⇒ 炎症を起こしやすい妊娠中の肌をケアするために、「コウキエキス」「グリチルリチン酸2K」といった2種類の抗炎症成分を配合しています。肌内部の微弱な炎症も素早くケアしてくれるので、症状を悪化させずに済みます。
肌のバリア機能を高めてくれる
⇒ 肌のバリア機能を高めてくれる「ヒト型ナノセラミド」をたっぷりと配合しています。また、肌の水分量を長時間キープしてくれる「アクティブプール成分」も配合しているので、バリア機能アップに役立ちます。バリア機能が高まることで、肌荒れを起こしにくい肌へ導くことができます。

皮膚科医立ち会いのモニターテストをしっかりと行っているので、妊娠中でも安心して使えるのが「アヤナス」の魅力!